menu

menu

News & Releaseニュース&リリース

SERVICE

~位置プラス作業指示場所を的確に伝達することで業務効率化を実現~

建設現場向けアプリ「位置プラス®」と現場チャット「direct」サービス連携開始

2022.03.22 (Tue)

株式会社L is B(エルイズビー 本社:東京都千代田区、代表取締役社長/CEO:横井 太輔、以下L is B)は、株式会社竹中工務店(本社:大阪市中央区、取締役社長:佐々木 正人、以下竹中工務店)と共同で竹中工務店が開発した「位置プラス®」シリーズの「位置認識プラットフォーム」で取得した建設現場の位置情報を、L is Bが開発・提供するビジネスチャット「direct(ダイレクト)」に通知するサービスを開発したことをお知らせいたします。

建設現場では、元請ゼネコン職員や協力会社職長の間で、安全指示や作業指示などの日常的な業務指示にチャットアプリが用いられています。これまで、屋内の建設現場ではGPSの位置情報が利用できず、チャットアプリで写真等を用いて業務指示をする際には、別途位置を示す資料を準備する必要があり、手間となっていました。

今回開発したサービスは、位置プラス写で実現した機能をベースに「位置認識プラットフォーム」で取得した位置情報を「direct(ダイレクト)」上に通知する機能を提供することで指示場所を明確化し、業務指示者の指示写真と図面情報との統合手間を削減します。本機能によって、従来のチャットアプリでの業務指示と比較し、60分/日の業務指示時間削減が期待できます(竹中工務店作業所職員へのヒアリング結果による)。

「direct(ダイレクト)」・「位置認識プラットフォーム」連携の概要

「direct(ダイレクト)」・「位置認識プラットフォーム」連携の概要

機能と特長

写真投稿等のキーとなる動作を「direct」上で行った際に、位置プラスサーバーは、以下の2つの方式でユーザー側の「direct」上に位置情報を通知します。

① 写真を業務指示書に変換する

写真を投稿すると、自身の位置情報をプロットした簡易MAPと投稿元の写真を合成した業務指示書を位置プラスサーバーが返信します。同時に投稿者の氏名・投稿日時・棟名・フロア名をコメントとして返信します。写真による業務指示を、実施場所とセットで確実に行いたい場合に便利な機能です。

②簡易MAPで知らせる

特定の文字列(#位置、#いち、#イチ、#1)を投稿すると、自身の位置情報をプロットした簡易MAPを位置プラスサーバーが返信します。同時に、「誰の」「いつの」位置情報であるかが事後でも確認できるよう、投稿者の氏名・投稿日時・棟名・フロア名をコメントとして返信します。

「direct(ダイレクト)」における位置情報通知機能の概要

「direct(ダイレクト)」における位置情報通知機能の概要

ビジネスチャット「direct」イメージ

ビジネスチャット「direct」について

お客さまの声とともに進化を続ける国産ビジネスチャット「direct」は、現場と社内をつなぐ「DX推進ツール」として幅広い業種の企業で活用いただいています。文字のやりとりだけでなく、写真や図面などのファイルや、ボイスメッセージを使って現場の状況を簡単に共有することができます。また緊急時の連絡手段などリアルタイムでやり取りができるため、組織やチーム運営に役立つコミュニケーションツールとしてご利用いただけます。またdirect専用のチャットボットを開発できる「daab SDK」を提供しています。

「direct」サービスサイト: https://direct4b.com/ja/

※現在、最大10名まで無料で使える”フリープラン”をご提供中です。

報道関係お問い合わせ先

株式会社L is B PRマーケティング部
E-mail:info@l-is-b.com  TEL:03-5812-4735

※記載されている社名、製品名およびサービス名は登録商標または商標です。
※記載されている情報は、予告なしに変更する場合がございます。