menu

menu

News & Releaseニュース&リリース

SERVICE

〜 商談情報をサクッと入力し時間を削減、スムーズな情報共有で売上アップ~

現場向けビジネスチャット「direct」とSalesforceを連携、新サービス「direct de 営業報告」2022年5月31日より開始

2022.05.31 (Tue)

 株式会社L is B(エルイズビー 本社:東京都千代田区、代表取締役/CEO:横井 太輔、以下L is B)は、ビジネスチャット「direct/ダイレクト」(以下、direct)とSalesforceを連携した新しいサービス「direct de 営業報告」を2022年5月31日より提供を開始したことをお知らせします。

 「direct de 営業報告」は、「direct」専用チャットボットを使用して簡単にSalesforceへ商談情報を登録することができます。またSalesforceに登録されるリードや商談情報を「direct」のトークルームへ自動投稿してタイムリーな情報共有を行います。これによって営業の業務負担を削減できるとともに、リードや商談の状況をチャットのトーク上で閲覧・検索できるようになります。

「direct de 営業報告」概要

 「direct de 営業報告」は、ビジネスチャット「direct」専用ボットとして、リード情報や営業報告の登録を簡単に登録・共有できるサービスです。

 ※本サービスはビジネスチャット「direct(ダイレクト)」専用ボットです。他のチャットアプリではご利用になれません。

特長

  「direct」からSalesforceへ自動登録、営業活動を入力する手間が削減できる

 「direct」専用ボットからの質問に回答していくだけで、日々の営業活動の状況をSalesforceへ簡単に登録できます。
 外出先や隙間時間にスマートフォンから報告できるため、営業マンの業務負担を軽減できます。

「direct」→ Salesforceへ、専用ボットが営業活動を自動登録し外出先からでも活動が記録できる


Salesforceで登録した商談内容を「direct」へ自動投稿、プッシュ通知でタイムリーに活動を共有

 Salesforceに商談内容を登録する際に、任意のコマンドによって、「direct」に参加しているメンバーに情報共有ができます。
 またプッシュ通知で タイムリーに状況を把握することが可能です。さらには過去の顧客対応履歴などを個別に探さなくても、活動として登録された内容がナレッジとして「direct」に蓄積されるため、メンバーがいつでも閲覧・検索が可能です。

Salesforce→「direct」へ営業活動の情報共有が可能
Salesforce→「direct」のトークへ営業活動を自動投稿し、メンバーがいつでも情報を閲覧できる

現場のビジネスチャット「direct/ダイレクト」

現場のビジネスチャット「direct/ダイレクト」
ダイレクト 2.0

 「direct」は文字のやりとりだけでなく、写真や図面などのファイルや、ボイスメッセージを使って現場の状況を簡単に共有することができる国産ビジネスチャットです。マルチデバイス対応で、さまざまな業種の「現場」と「社内」をつなぎます。最大10名まで無料で使える”フリープラン”をご提供中です。

<「direct」の主な機能>

◯トーク    ◯通話機能    ◯スタンプ   ◯ファイル添付    ◯音声入力
◯ノート機能  ◯アンケート機能 ◯写真加工機能 ◯ゲストモード(社外の人を招待)
◯既読・未読  ◯ブックマーク  ◯一斉連絡   ◯セキュリティ機能
◯タスク    ◯スケジュール  ◯掲示板
など

・directサービスサイト https://direct4b.com/ja/

報道関係お問い合わせ先

株式会社L is B PRマーケティング部 島山
E-mail:info@l-is-b.com  TEL:03-5812-4735

※記載されている社名、製品名およびサービス名は登録商標または商標です。
※記載されている情報は、予告なしに変更する場合がございます。