HOMEニュースリリースチャットボットでデジタルサイネージを即時に作成、情報共有できる「direct サイネージ」正式リリース

チャットボットでデジタルサイネージを即時に作成、情報共有できる「direct サイネージ」正式リリース

2019年6月26日

株式会社L is B (エルイズビー 本社:東京都千代田区、代表取締役/CEO:横井 太輔、以下 L is B)は、チャットボットの質問に答えるだけで自動的にサイネージに表示するコンテンツが作成できる「direct サイネージ」を正式リリースいたします。


■「direct サイネージ」概要

「direct サイネージ」は、スマートフォンやタブレットからビジネスチャット「direct」上にある専用ボットの質問に答えていくと写真や動画入りの情報コンテンツが即時に作成できます。作成した情報コンテンツは、即時配信、繰り返し配信、予約配信など、配信内容によってタイミングを設定することができます。チャットボットを介して作成されたコンテンツは、NTT 西日本のセットトップボックス「光BOX+」を介してモニターに表示されます。

スマートフォンやタブレットから配信できるため、事務所に戻ってPC を使って作成する煩わしさがなく、現場でちょっとした気づきがあればその場で作成できます。チャットボット特有の自動化技術を活用した様々な利便性を提供しています。また、天気予報や降雨予測、地震速報など現場で必要な安全作業に貢献する便利なコンテンツも配信しています。

directサイネージロゴdirectサイネージシステムフロー

「direct」は建設、不動産、交通、インフラ、店舗など現場の業務で幅広く受け入れられており、お客様のニーズを傾聴しながら独自の進化をしているビジネスチャットサービスです。「direct サイネージ」は、それら「現場」で働く人々の情報共有をかんたんに実現するサービスです。


■株式会社竹中工務店 九州支店、三菱地所レジデンス ザ・パークハウス福岡タワーズ作業所にて採用

福岡市ヤフオクドーム近くに建設中の三菱地所レジデンス ザ・パークハウス福岡タワーズ作業所内では、数十社におよぶ協力会社の作業員との情報共有で活用されています。高所作業時の強風への注意喚起やちょっとした連絡ミスの修正を行いたい場合に、すぐに作業員全員に対して同じ内容を知らせることができるため、即時の作業所全体の安全意識向上や業務効率向上に役立てることができます。

directサイネージ導入フロー

タブレットからチャットボットを活用して、写真や動画入りの安全注意喚起情報などをその場でコンテンツ化し配信できます。

「direct サイネージ」詳しくはこちら
https://direct4b.com/ja/signage/

directロゴ

「direct」について

お客様の声と共に進化を続ける国産ビジネスチャットです。現在は1,800社以上の企業が導入しています。専用のチャットボットを無料で開発できる「daab SDK」を提供、さまざまな現場で業務効率化を実現しています。

https://direct4b.com/ja/


L is Bロゴ

L is Bについて

2010年に創業した、スマートフォンアプリやWebサービス、企業向けアプリやシステムを開発・提供する企業です。お客様の課題に真摯に向き合い、業務改革と問題解決の実現に注力し多彩なソリューションを生み出しています。

https://l-is-b.com/ja/

報道関係お問い合わせ先

株式会社L is B 担当 小松
E-mail:info@l-is-b.com  TEL:03-5812-4735

※記載されている社名、製品名およびサービス名は各社の登録商標または商標です。
※記載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。